1. ホーム
  2. トレーニング&ケア
  3. ウエルネストレーニング
  4. 脊柱管狭窄症後遺症

事例:脊柱管狭窄症後遺症

70代男性/脊柱管狭窄症手術(1年6か月前)

一人で家族に心配されることなく外出できるようになりたい。一人で買い物などに行けるようになりたい。

年代 70代
疾患名 脊柱管狭窄症
関節可動域 両方の足に筋の萎縮による制限あり
体幹の柔軟性低い
徒手筋力テスト 右足、左の膝上まで軽度筋力低下
左膝下から足首に麻痺と感覚障害あり
足首は右の半分程度の範囲しか動かせない
(MMT Rt4 Lt2)

トレーニング方針・経過

ご利用までの経緯

術後リハビリしていた病院のリハビリ期限が切れ、外来リハビリが難しくなったため、定期的に運動できる施設を探して来館。

トレーニング方針・経過

両方の足の関節可動域の改善、筋力の改善、それに伴って、立ち座りの動作をスムーズにおこなうこと、歩行時のつまずきが減少して安全に外出できることを目標にトレーニング開始。入会後3ヶ月経過して、筋力の強化や関節可動域、柔軟性は徐々に改善していている。現在は更なる筋力や持久力強化と、安全に外出し目的の行動が取れることを目指してトレーニング継続中。

トレーニング頻度 週1回90分

30分トレーニング

step 01

電気刺激装置を使用し固くなった筋肉を緩める

10

電気刺激装置を使用し固くなった筋肉を緩める

トレーニング前に筋肉を緩めておくことで、トレーニング効率を上げます。

step 02

電気刺激と並行してスポーツマッサージ

20

電気刺激と並行してスポーツマッサージ

電気刺激と並行してマッサージすることで、よりしっかりと筋肉を緩めることができます。

60分トレーニング

step 01

筋肉、関節の運動

10

筋肉、関節の運動

予備運動として、関節・筋力を動かすことで、その後のトレーニング効果を高めます。

step 02

電気刺激装置を使用しての筋力トレーニング、歩行練習

20

電気刺激装置を使用しての筋力トレーニング、歩行練習

動かしづらい筋肉に電気刺激を入れ、アシストすることで、トレーニング・歩行練習の効率を上げていきます。

step 03

背中・肩回りの可動域訓練、筋力トレーニング

5

背中・肩回りの可動域訓練、筋力トレーニング

背中・肩回りの筋肉も動きづらくなっているため、可動域訓練、筋力トレーニングを実施します。

step 04

足指のトレーニング

5

足指のトレーニング

歩く、立つといった大きな動作だけではなく、足の指を使った細かな動作も訓練します。

step 05

マット上での下肢、体幹トレーニング

10

マット上での下肢、体幹トレーニング

低下した筋力の改善のために、筋力トレーニングはどのレベルにおいても継続して実施します。

step 06

有酸素運動

10

有酸素運動

担当トレーナーのコメント

末廣絵里子

理学療法士

末廣 絵里子 SUEHIRO ERIKO

入会当初は、歩行中左足の引っかかりが多く、転倒の危険性が高い状態が続いていました。運動療法と物理療法を併用して左足を中心に全身の機能回復、筋力強化の運動を続けています。来館されて半年、徐々に左足の引っ掛かりが減少してきました。ご本人様もとても意欲的で、ご自分の体の変化を感じながら、楽しくトレーニングに来てくださっています。

使用機器・実施内容

  • 電気刺激装置

    電気刺激装置

  • 低周波治療器

    低周波治療器

  • スポーツマッサージ・ストレッチ

    スポーツマッサージ・ストレッチ

プログラム(会員用)料金 年会費は不要です

※価格は全て税込表示です

  • 体験コース
    (お一人様一回のご利用)

    ¥2,200

  • 入会金

    ¥30,800

  • パーソナル&ケア、ウエルネス
    トレーニング/60分〜

    ¥7,700〜

  • 回数券(11枚綴り)/
    30分チケット

    ¥38,500

    ※回数券は半年間有効のため、ご都合に
    合わせてご利用できます。

  • 時間延長は30分〜

    ¥3,850

一覧へ戻る

contact ご相談はお気軽に

体験のご相談
ページのトップへ