自己流でのケアは不正解?自分に合ったケアとは・・・。

肩こりに悩まされて治療に行った整骨院で、「運動不足ですね」と一言。運動不足と言われてしまっても、急に何から始めればいいのかわからず、筋トレを初めてみたものの、効果があるのかわからない。この不調、一体どうやって解消すればいいのでしょうか。

体の不調を根本的に治すなら、いきなりの運動は危険?

運動不足解消で始めた筋トレで、筋肉痛のようなわからない痛みが出てきてしまったりして。結果的に毎日の運動習慣は続かない、そんなことの繰り返しなのですが。

「体が固まった状態で急な筋トレをおこなうと、新たにどこか痛めてしまうかもしれません。」(以下、大塚トレーナー)

では、何から始めればいいのでしょうか。

大人の体はアンバランスに変化している?

その人の日常生活の動作や、歩き方などにはクセがあり、壁に沿ってに立ってみると、なんだか自分がまっすぐ立っているつもりですが、ちょっと曲がっているような気が・・・。

人は誰でも赤ちゃんの頃は、体も出来上がっていないため、体はとても柔軟。しかし、成長するにつれて、人の体は普段からおこなっているスポーツやライフスタイルに合わせて体が変化していきます。ある部位はあまり動かすことがないため休眠状態となり、ある部位は必要な筋肉のため非常に発達したり。そのように体が、その人に合わせて「決まっていく」。機能すべき部位が機能しない、体がアンバランスな状態となってしまっているのです。本来動くべき部位が機能し、安定してくれれば、ボディバランスは最適なものになり、体の不調は改善されていくのです。

自分に合ったケアの方法、何が正解?

では、どのようなケアが「正しい」のでしょうか。
まずは、今の体のボディバランスを正しく知ることのこと。

「スリーウエルネスでは、機器を使った測定、問診、触診、日常生活や病歴などのヒアリングを丁寧におこなうことを大切にしています。自分の体を客観的に見る、というのは非常に難しいことです。だからこそ、姿勢評価や体組成評価のように数値化して比較したり、私たちのように資格を持った人間が評価することことは大事だと思います。」

自分に合った正しいケアは、まずは「現状の体」を理解することから。自分自身で判断したり、自己流ケアをおこなう前に、まずは自分の体を知るために測定をし、専門家に評価してもらうことからスタートしましょう。

あわせて読みたい

柔道整復師とはどんな資格?